みなさんキャッチーですか。ぬんです。








最近は、日曜日に受験するとある検定試験に向けて、ちょいちょい勉強中です。


その検定の名は、日本ビール検定。通称「びあけん」。




そう、私ね、ビールがね、好きなんですよ。

学生時代ぶりに勉強らしい勉強をしてるのですが、新鮮で楽しいです。



私が受験予定のびあけん3級ではどんな問題が出されるかというと、


上面発酵酵母でビールを製造する場合の発酵温度として、最も一般的なものを次の選択肢より選べ。

 (1)‐5℃~0℃
 (2)0℃~10℃
 (3)15℃~25℃
 (4)40℃~50℃

日本ビール文化研究会ホームページより引用) 


といったビールの製造過程に関する問題から、


1722年、イギリスで数種類のエールをあらかじめ工場で混ぜ合わせたエンタイアというエールを販売したところ好評となった。このエールは後に何と呼ばれるようになったか、次の選択肢より選べ。

 (1)バーレイワイン
 (2)ケルシュ
 (3)スタウト
 (4)ポーター

日本ビール文化研究会ホームページより引用) 


のような、ビールの種類・歴史に関わる問題、そして



1959年(昭和34年)に、日本のプロ野球球団で初めて優勝決定時にビールかけを行ったとされている球団を次の選択肢より選べ。

  (1)南海ホークス
  (2)西鉄ライオンズ
  (3)読売ジャイアンツ
  (4)大阪タイガース

日本ビール文化研究会ホームページより引用) 



といった、トリビア・豆知識レベルの問題まで、とにかく守備範囲が広いです。

(ちなみに正解は上から3,4,1です。)






満点を取るとビール1年分がもらえるらしいので、ビールが好きな方は挑戦してみてはいかがでしょう。


「キャッチーでいてください。」は、日本ビール検定を応援しています。













枕が長くなってしまいました。柳家小三治師匠じゃないんだから。




さて今日は、去る土日の業務後さいころ倶楽部にてプレイしたボドゲの中から、白緑先輩が最近購入なさったというボドゲ「コンセプト」のご紹介です。


4~12人用
プレイ時間:40分










□適当なルール説明



簡単に言えば、「チーム戦のお題当てクイズ(ただし出題者は喋るな)」みたいな感じです。



プレイヤーは、隣に座った人とペアになります。奇数人の場合はどうするんだろ。

1チームが最初に出題者チームとなり、お題カードを1枚引きます。

お題カードには、初級から上級まで、9つの言葉が書かれており、出題者チームでそのうち1つを選択。



このお題がなかなか曲者で、特に中級は「ジャスティン・ビーバー」「ボブ・マーリー」等、知らなきゃ解けないだろそれってものが多かった印象。

上級も上級で、「鳶が鷹を生む」とか、「痰(たん)」とか、普通のお題当てゲームではまず出てこないようなものが多かったので、とりあえず初級で遊ぶのが無難かと。



さて、出題者チームが決めたお題を、その他のチームで当てていくわけですが・・・

では、出題者チームはどうやってそのお題を表現するのでしょうか。



その答えがこちらです。

IMG_2483

様々なアイコンが描かれたボード。

このボードに5色×複数個あるコマを配置していくことで、出題者チームはお題を表現します。



ポイントは、同じ色のコマは、同じ要素について表現しているというところでしょうか。


例えば、緑色のコマ(最もメインとなる要素に置かれます)が「スポーツ・運動」のアイコンに。

青色のコマが「ボール・球」「白」

赤色のコマが「人・ファミリー・グループ」と、「1」に6個

黒色のコマが「網・ネット」に置かれたとしましょう。


このヒントを受けて回答者たちは、

「(白いボールが出てきて、1グループが6人で、を使う、スポーツ・・・)」


「・・・もしかしてバレーボール?」



となるわけです。





あとは、面白ポイントが3つあって、



①出題者チームが喋っていいのは「正解!」か「惜しい!」のみ。

  
正解者に対する「正解!」、惜しい答えを出した人に対する「惜しい!」以外は、
出題者チームは発言を許されません。
ただし、「なんかヒントが迷走してね・・・?」って時には、
出題者チームはチームメイトどうしでこっそり相談が可能です。




②解答者は、答えを思いついたらどんどん解答していい。


出題者チームがコマを置き終わるのを待つ必要はありません。
置いてるそばから「蟻!」「ゾウ!」「牛!」と、
果敢に解答していきましょう。




③正解者のチームメイトは1点も貰えない。

正解が出れば、出題者チームの2人が1点ずつ、正解者が2点をゲットします。
正解者のチームメイトは1点も貰えません。
出題時は2人1チームですが、解答時は個人戦なんですね。




一定数正解が出た時点でゲーム終了。

最も多く得点を獲得した人が勝利です。










□適当なプレイ感


白緑先輩&カヤル子ちゃん、ごわすちゃん&まさい、おはぎちゃん&私の3チームでプレイ。




これ意外と、出題者チーム内で意見が割れます。

「ワイン」を表現するのに、私は「紫」にコマを置こうとしたんだけど、おはぎちゃんは「赤」と「白」に置こうとしたり。


そんな調子だから、簡単なときは本当にポーンと正解が出るんだけど、出ない時は本当に出ません。

「マヨネーズ」ってお題が中級になってて、「いやいや簡単でしょーw」とか言いながら挑戦したら、正解が出るまで10分かそこらかかっちゃったりしました。



過去に紹介した、似たようなコンセプトのコミュニケーションゲーム・「ディクシット」と比べると、「ディクシット」がセンスに訴えかけてくる感じで、結果を見ながら皆でワイワイできるゲームなのに対して、「コンセプト」はそこそこ頭を使う感じで、パッと正解できた時なんかはかなり嬉しいです。

コンポーネントというか、お題の個数の関係上、初めてのメンツと遊ぶ機会が多いなら「ディクシット」、同じメンツで遊ぶ機会が多いなら「コンセプト」の方がいいかなあという感じ。



ゲームはおはぎちゃんの優勝だったかな?

私も結構正解してたのになー。残念。


1回しか遊んでなくて、見てないお題もまだまだあるので、もう1回やってみたいです。












というわけで、「コンセプト」のご紹介でございました。

明日は可愛い後輩たちと飲みに行く予定です。楽しみ!