みなさんキャッチーですか。ぬんです。










突然ですが、みなさんは残業はお好きですか。





え?嫌い?






なら他の人に押し付けて帰っちゃえばいいじゃない!!

 










というわけで、今夜はこんなボドゲのご紹介。



2~4人用
プレイ時間:20分








□残業を同僚に押し付けて、さっさと帰るゲーム




せっかく小見出したのにとっとと回収しちゃいますと、「お先にしつれいしま~す!!」は、残業を同僚に押し付けて、さっさと帰るゲームです。


本当にそんなことができたらいいんですけど、実際は自分がやるよりも他人に振る方が面倒くさい仕事がほとんどなんですよね。あー辛い辛い!





ちなみにこのゲーム、皿洗いを押し付けあうフランスのボドゲが元になっているらしいのですが、日本にやってくるとお皿が残業になっちゃうんだから怖いです。














□適当なルール説明




osakini-tiles1
 (画像は販売元のメビウスゲームズ 商品紹介ページより)



ゲームでは、両面にイラストが描かれたタイルを使用します。




タイルの片面は、「社長」「専務」「部長」「係長」「先輩」「派遣社員」の6人のうち1人のイラストが描かれている「キャラクター面」です。

社長に残業を押し付けるとはいい度胸です。



タイルのもう片面は、「キャラクター面」の社員が、「電話番」「伝票整理」「コピー」「倉庫整理」の4つのうちいずれかの仕事をしている「仕事面」です。

残業で「電話番」ってことは、電話をかけてくる会社でもまた残業が行われているということですね・・・。


てか「電話番」の絵がめっちゃ怖いです。両手で受話器を持ち、血走った目で対応しています。







「キャラクター面」を上に向けてタイルを混ぜ混ぜ。

社長が1枚、専務が1枚・・・と、社員が被らないように6枚のタイルを取り、自分の前に並べたら準備OK。










プレイヤーは、自分の手番になると、次のうち1つを実行できます。



①「キャラクター面」が上になっている自分のタイルを裏返し、「仕事面」を上にする。


②「仕事面」が上になっている自分のタイルを、同じ仕事が描かれているタイルか、同じ社員が描かれているタイルの上に重ねる。




②については、他の人に自分のタイルを押し付けることもできますし、自分のタイルに自分のタイルを重ねて1つにまとめることもできます。


仕事をまとめたり押し付けたりしながら、最も早く手元にタイルが無くなった人が勝利。






タイルが無くなったプレイヤーは「お先にしつれいしま~す!!」と声色に興奮を滲ませながら宣言、無事帰路につきます。他のプレイヤーは「お疲れ様でした!!」と屈辱的な挨拶を強いられ、終わることのない残業と戦うことになるのです。




 












□プレイログとプレイ感



IMG_2490



業務後さいころ倶楽部にて、白緑先輩・ごわすちゃん・まさい・私の4人でプレイ。まさいが帰った後も、おはぎちゃんが加わってもう2~3回ぐらいやったかな。







 
結論から言うと、なんで勝ったのか、なんで負けたのかよく分からないゲームです。



仕事を押し付けたり、押し付けられたりしているうちに、なんとなくタイルが減ってきて、なんとなく勝つっていう。

どちらかと言えばアブストラクト寄りだから、定石みたいなものがあって、それを掴み切れてないだけかも知れないけれど。



前も似たようなこと書いたなって思ったら、「バーグー」ですね。

ちょっとプレイ感似てるかも。








何回かやったけど、私はまだお先に失礼できたことない・・・

「お先にしつれいしま~す!!」って言うの絶対気持ちよさそうよね。






同じくお先に失礼できなかったごわすちゃんが、


「なんでボドゲでも残業しなきゃいけないんだ!!」


って言ってて面白かったです。
 





 








というわけで「お先にしつれいしま~す!!」のご紹介でした。

明日は残業はなけれど、楽しくない飲み会がありますね・・・。早く帰れるといいなあ。