みなさんキャッチーですか。ぬんです。








みなさんは、「僕らはみんな河合荘」という漫画をご存知でしょうか。






「ヤングキングアワーズ」で2010年に連載開始。2014年にはアニメ化もされました。

アニメBDの売り上げこそパッとしませんでしたが、コミックスは既刊7巻で累計140万部突破(平成27年10月現在)とかなり好調です。






内容的には、憧れの女の子+愉快な仲間たちと一つ屋根の下的な感じで、「平成版めぞん一刻」なんて呼ばれたりもしている様子。



主人公・宇佐くんと、ぼっち系ヒロイン・律ちゃんのもどかしい恋模様にキュンキュン!

ひと癖もふた癖もあるけど、仲間想いな「河合荘」の住人達の優しさに心ほんわか!


みたいなところが人気の秘訣でしょうか。




女性作者「なのに」というべきか「ならでは」と言うべきか、結構エグめの下ネタには賛否両論あるようですが、個人的には酔っぱらって読むとちょうどいい感じで楽しめます。





 





さて、そんな「僕らはみんな河合荘」ですが、何を隠そう私も大好きな漫画で、それこそボドゲにハマる前から全巻所有していました。





そしてこの度、待望の第7巻が発売。








せっかくだし久しぶりに~ってことで、1巻から順に読み返していたのですが・・・

第4巻にて、ボドゲにハマっていなかった頃には特に気にならなかった、あるセリフが目につきました。


IMG_2693


「ボードやテーブルゲーム好きな住人がいてさ」






この回は、「第4回河合荘秋のゲーム大会」が開催されるというお話。

大会で遊ばれたゲーム自体はジェンガとチェスという王道めいたものなのですが、河合荘には過去にボドゲ好きの住人・馬淵さんがいたことが明かされます。










そして、この4巻巻末のおまけ漫画にて、馬淵さんより宅配便でボドゲが送られてくるのですが、


IMG_2694


karukazonnn






カ ル カ ゾ ン ヌ
















うーん・・・














「カルカソンヌ」じゃないからセーフ☆(何が)









 


期せずして大好きな漫画に大好きなボドゲが出てきたので、なんとなくテンション上がって読んでたのですが・・


5巻で、こたつで食べるアイスを誰が買いに行くかを決めるためにまさかの再登場。


IMG_2695












さらに、同じく5巻のクリスマス会では、ついにカルカソカルカゾンヌで遊んでいる様子が描写されます。


 IMG_2696




華麗にミープル初登場。




IMG_2697





なるほどなるほど。面白そうだなカルカゾンヌ・・・



ってこれカルカソンヌやないかーい!!!!!








IMG_2698


挙句、「宇佐くんが都市の近くに道置かなきゃこんなことには・・・」とか言い出す、ぼっちヒロイン・律ちゃんなのでした。











ボドゲ漫画と言えば「放課後さいころ倶楽部」ですが、累計140万部も売れてる人気コミックにもボドゲが出てきてて、なんだか嬉しい限りです。




こういうところから、ボドゲ人口が増えていったりしたら楽しいよね!(まあかくいう私は、初読時は特に気に留めなかったわけですが・・・)




1人1人に「好きな本」とか「好きな音楽」があるみたいな感じで、どこにでもボドゲが溢れていて、皆にそれぞれ「好きなボドゲ」が1つや2つあるような世の中が来たらいいなあ。


とかちょっと本気で思ってる辺り、実は結構脳内お花畑感あるな私。












「キャッチーでいてください。」は、「僕らはみんな河合荘」と宮原るり先生を応援しています。