みなさんキャッチーですか!ぬんです!








今日は、前回始まった新企画・「God's Gambit」全カードレビューの第2弾をお届け!


前回記事読んでないぜっていうディスプレイの前の君は、第1弾もチェックしてくれよなっ!







ちなみに第1弾は全然PV数伸びてない・・・( ´_ゝ`)



でも無問題(モーマンタイ)!だってニッチ産業だからね.。゚+.(・∀・)゚+.゚




ニッチ産業(-さんぎょう)niche industry

すきま産業ともいう。ニッチとは「壁龕 (花瓶などを置くための壁のくぼみ) 」の意味で、転じて既存の産業では扱われないすきまの領域をねらって新規事業を起す、あるいは事業拡大をはかろうとすることを意味するようにもなった。

コトバンクより引用




「キャッチーでいてください。」は、あなたのココロのスキマをお埋めします。














◆3・宣教師

IMG_2789

3・宣教師(ノーマルカード)

能力:対象のプレイヤーは次の手番を失う 


パッと見「ん?ハゲ?」となりますが、帽子かぶってるんですね。
 

 
2人戦の時には、コスト7の「もう1度手番を行う」と同じ処理がコスト3でできるので、かなりリーズナブルです。

上手く手札に残しておいて、一気に勝ちを狙いたいところ。


 
多人数戦でも、使われると結構イライラします。

よく見るのは、第3ラウンドあたりで1位と2位が打ち合って熾烈な首位争い、みたいな場面ですが、3位と4位が打ち合って醜い引きずり下ろしあいみたいな場面も見ますね。

ラウンドでの1位を狙える手札なら、手札が少なかったり、上がりそうだったりっていうプレイヤーに使いましょう。



あと、この手番を飛ばす処理、多人数戦になると結構忘れます

ルールブックでは、手番を失ったプレイヤーは、手札をテーブルに伏せて置くことで目印とすることが推奨されています。










◆4・天使

IMG_2790

4・天使(ノーマルカード)

手札を1枚「解消」する 

手札から解消シリーズ。コスト4で1枚。


カルマを1枚解消する僧侶がコスト2ですから、製作者はカルマを解消するよりも手札から解消する方が強いと考えていることが分かりますね。


確かにカルマ解消は、ラウンド1位を取れなかった時のペナルティを小さくする保険でしかないわけで、使ったとしてもラウンド1位に近づく能力ではないです。

対して、手札からの解消は分かりやすくラウンド1位に一歩近づくため、強いとされているところなのでしょう。


 
カードの話をすれば、コスト4で1ターン分多く動けるのはシンプルに強いなあという感じです。

ただし、場札と天使が同色なのはもちろんのこと、手札にもう1枚同色のカードが必要となるため、意外と条件は厳しめ。

悪ワイルドももちろん解消不可です。善ワイルドの解消については好き好きですが、状況次第では全然アリだと思います。


 









てな感じで今日はここまで!

今夜はまさいの人狼会。楽しみです。