みなさんキャッチーですか。ぬんです。




更新サボりすぎて、自分で自分に石投げたい。

最近、っていうか3月頭に、カラ館ボドゲ会で遊ばせてもらった国産ボドゲを適当に紹介していきます。自由か。







◆まいごねこ


maigo_neko-box
まいごねこ
(リンク及び画像はすごろくや)
ばねゲー部(仮)
3~4人用
プレイ時間:30分

IMG_4679

ゲムマ2015秋の新作。

なんやかんやでもう2016春ですし、新作と堂々と銘打っていいものかは怪しいですが・・・



迷子の猫になって、カードを使って住宅街をうろつきながら、自分の家への帰宅を目指すゲーム。

自宅と似たような特徴を持つ家に立ち寄る度に、自宅のことをちょっとずつ思い出します。

(黄色い屋根の家の前にて)「そういえば、うちの屋根は黄色かったか・・・」みたいな。頭弱そうで可愛い。

IMG_4681

ゆるふわゲーと見せかけて、結構インタラクションが強かったりする。
 
ほどよいやりごたえです。















 ◆木馬と英雄


bdfd67e5eb23db6462c177ebb2a06cb4-150x150

木馬と英雄
(画像及びリンクは77spiele)
77spiele
2~4人用
プレイ時間:30分

IMG_4682

こちらもゲムマ2015秋の新作。


1~10のカードを使った、列ごとの陣取り。

遊んでる感じは『バトルライン』に近いんじゃなかろうかと思います。

てか日本語新版出るらしいですねバトルライン。


最大面積を確保した人に加点があったり、2枚までは裏向きに出せたり、一列に出せる枚数が決まっていたり・・・と、細かいルールがスパイスのごとく効いてる。

最後の一手までしっかり悩まされます。

IMG_4683
テーマ性は薄く。システムはシンプルながら味わい深く。

なんかこう、いい意味で全然国産ゲーっぽくないなあと。かなり好み。

 












◆教授ヘアーサロンへようこそ。


salon_grp01
教授ヘアーサロンへようこそ。

(画像及びリンクは植民地戦争+α)
植民地戦争+α
2~5人用
プレイ時間:5~20分


箱表のイラストの手作り感もはや愛おしささえあるな。

IMG_4684


2016冬新作らしいです。

教授就任祝いに、髪形をイカした感じにキメちゃいましょう。


場に裏向きに並べられたカードをどんどんめくって、1枚を自分の前or他人の前or共通の場に置く。

これを、砂時計の砂が落ちきる前にやりきります。


カードには1~9の数字の他、「×3」と書かれたカードが何枚か。

得点は、(自分の前に置かれた数字カードの和+共通の場に置かれた数字カードの和)×(自分の前に置かれた掛け算カードの枚数+共通の場に置かれた掛け算カードの枚数)^3。の1の位の数字。


基本的にずっと1の位の数字だけ計算してればいいので、極力自分が9点取れるように頑張る感じですね。

ここまでは慣れれば簡単なのですが、相手が何取ってるかまでは目をやる余裕が無く。

共通の場にちょいちょい置きつつ、他のプレイヤーを妨害しましょう。

IMG_4685

こう書いてるとすごく知的なゲームに見えますが、砂時計のおかげで遊んでる卓の見た目は割と動物園寄りです。













◆この過労死がすごい!


6b52ac80-47ff-458e-a45e-3545ccc34581
この過労死がすごい!
(画像及びリンクは反社会人サークル)
反社会人サークル
3~5人用
プレイ時間:15~30分

IMG_4686
ゲムマ2015秋リリース。


社畜になって、職場環境の改善や他社への転職の機会を得るために、同僚を過労死させるゲーム。

なんかもう色んな意味でブラック。


プレイヤーの中で、最近の残業時間が一番多いプレイヤーが 「スタート社畜」になるそうな。語呂がよすぎる。


ゲーム内容的には、引いてきたカード(=仕事)を、表向きに出したり(=残業申請する)、裏向きに出したり(=サービス残業)しながら、残業時間を程よく稼いでいく感じです。

そこに、上司のチェックが入って申請時間の長い労働がなかったことにされたり、ノー残業デーで残業申請した労働がなかったことにされたり。


 
で、誰かが「カロウシカード」を引いたら、全員で「カロウシ・チャンス!」と叫びます。語呂がよすぎる。

「カロウシカード」を引いてしまったプレイヤーは、裏向きに出していたサビ残分の労働も全て明るみになります。

で、労働時間が100時間を超えてたら過労死します。

過労死せずに、最も労働時間を稼いでいたプレイヤーの勝利。


IMG_4688
ここまで徹底してブラックユーモアされると、「不謹慎」っていう言葉を使うのもなんだか馬鹿らしくなっちゃいます。

カードに書かれたフレイバーテキストも要チェキ。















てな感じで、最近遊ばせてもらった国産ボドゲたちでした!

購入するのはどうしても外国産ボドゲに寄りがちですが、国産特有の、なんていうかこう、ゴチャっとした感じが、たまに無性に恋しくなるのです。



最近は、ちゃんとゲームとしての質も全体的に上がってきているという話もよく聞きますし、ゲムマ2016春は何かチェックしてみようかな。