みなさんキャッチーですか。ぬんです。






昨日は北九州ボードゲーム交流会に行ってきました。


台風12号が九州に接近中ということで開催も危ぶまれたのですが、様子を見つつ決行という運びに。

結果的に台風の足は遅まり、勢力も福岡に来るころにはかなり弱まったみたい。主催のteniさんの判断力・決断力に脱帽です。









IMG_7611
会場は北九州市の赤煉瓦交流会館。

長い間会場となっていた建物なのですが、次回からはウェル戸畑に会場を移すとのこと。

訪れるのは今回が2回目でしたが、すごく雰囲気よくて好きなんです赤煉瓦。最後に来れてよかったです。









◆丘の上の裏切り者の館



Betrayal at House on the Hill 丘の上の裏切者の館 ボードゲーム
ウィザーズ・オブ・ザ・コースト
3~6人用
プレイ時間:60分 



IMG_7624
会場に着いたのは11時前だったかな?

まずは、teniさんにお願いして持ってきて
いただいた、『丘の上の裏切者の館』をプレイです。










IMG_7613
まずはキャラクターセレクトから。私が選んだのはこのMadame Zostra

というわけで・・・









みんなキャッチーかしら?Madame Zostraよ。



丘の上の館に友人たちと遊びに来たんだけど、急に玄関の扉が開かなくなり、外に出られなくなってしまったの!omg!






IMG_7616
まずは館中を皆でドンドン探検したわ。

最初は全員玄関ホールにいたんだけど・・・






IMG_7617
ドアを開くたびに新しい部屋タイルが配置されて、徐々に館の全貌が明らかになっていく感じよ。











IMG_7619
どうやらこの建物、ただの館じゃないみたいね・・・。

新しい部屋に入る度に、色んな出来事が起こるの。

金切り声が聞こえたり、床が抜けて地下に落ちたり、狂人とお友達になったりしたわ。









IMG_7627
そしてその瞬間はふいに訪れた・・・

ずーっと友達だと思ってたZoeちゃんが、実は裏切者だったの!omg!










IMG_7630
これがこのゲームの面白いところよ!(メタ感)


ゲーム中にある条件を満たすと、パーティのうちの1人が裏切者になるの。

裏切者とそれ以外の5人には、シナリオによってそれぞれ別々の勝利条件が与えられるわけなんだけど・・・

このシナリオが全部でなんと50種類!



例えば今回の私たちの勝利条件は、「裏切者の出すヒントを頼りに、"あるもの"(ネタバレ回避)を見つけ出して破壊すること」だったんだけど、シナリオによっては普通に裏切者と戦ったり、なんかよく分かんないMonsterが登場したり、とにかく本当にバラエティ豊かみたい。

要するに毎回全然舌触りの違うゲームが楽しめるってワ・ケ!So Cool!最高じゃない!








IMG_7634
シナリオのネタバレになっちゃうからこれ以上は詳しく書けないんだけど、私たち、裏切者のZoeちゃんに殺されちゃってゲームオーバーになっちゃったの。omg!来世では覚えてなさいZoeちゃん!





ルールも簡単だし、シナリオも50種類!何回遊んでも楽しめる、非常にキャッチーなゲームよ!

来世では裏切者も是非やってみたいわ!




さてと、そろそろ転生しなきゃ!Madame Zostraでした!Bye:-)














◆ごきぶりポーカー


2~6人用
プレイ時間:20分

IMG_7636

ぬんです。ただいま。



卓空き待ちの時間調整に4人でごきポ

身内でやると煽り合いながら遊ぶ感じになりますが、オープン会で遊ぶとつい本気(マジ)になっちゃう緊張感があってよいです。

















◆レース・フォー・ザ・ギャラクシー



2~4人用
プレイ時間:30~60分

IMG_7637

ちょっとワガママ言って、最近楽しくてしょうがないRftG卓立てさせてもらいました。

北九州でも以前はよく遊ばれていたらしいです。いいなあ。









IMG_7639
勝つためのルートが色々あるのがRftGの面白いところ。



ぬんは生産ワールドをしっかり数並べて生産→消費ルート。

要所要所で点数に繋がるカードを出せたのが幸いし、36VPで勝利をもぎとりました。うれしい!


ちーさんが、初回プレイなのに『銀河の新秩序』置きつつしっかり軍事ルート取ってて、すげえなって思いました。流石のセンスのよさ。

















◆The King is Dead



2~4人用
プレイ時間:30~50分






続いて、teniさんイチオシの『The King is Dead』をプレイ。


結論から言うと、めっっっっちゃくちゃキャッチーでした。

インストの途中から、「これ絶対ヤバい」ってずっと言ってました。








IMG_7642

アーサー王亡き後のブリテン島では、今日もスコット、ウェールズ、ローマン・ブリテンの3国が元気に勢力争い!

各プレイヤーは3国のいずれかを担当する・・・わけではなく、配られた8枚のカードで、3国の勢力争いに茶々を入れていく感じ。









IMG_7643
勢力争いは地域ごとに起こって、その地域に最も多くのコマが置かれている国が、その地域を支配します。要するにエリアマジョリティ。

カードを使った後には、ボード上から任意のコマを1つ手元に取ります。

最終的には、最も多くのエリアを支配した国のコマを最も多く持ってる人の勝ち。例外もありますが。










IMG_7645

こう要約しちゃうとすごくシンプルに見えますし、ルール自体は決して複雑ではないのですが、いざプレイを始めると全然動けない。一手目が打てない。

見通しが立たない中でも、打っているとなんとなく方針が固まってくる。

そしてやりたいことが自分の中にできたときが、このゲームが提供してくれるジレンマの恐ろしさに気づくときです。




うーんなんかもう色々書くよりも、未プレイの方は遊ぶ機会があるなら一回遊んでくれ。ヤベぇぞこのゲーム。











IMG_7650
今回は4人プレイで2対2のチーム戦だったのですが、味方とは一切相談・作戦会議ができないのがこれまた悩ましい。

その分チームメイトがこちらのプレイの意図を汲んでくれて、自分のしてほしいことをちゃんとしてくれた時の快感がすさまじかったです。



チームメイトの柴さんと心を通わせて連携プレイ、無事勝利!

対戦相手のちーさんとれん君チームは、2ラウンドに1回ぐらい仲間割れしてて面白かったです。
















◆ワールズフェア1893



World's Fair 1893 Board Game
Renegade Game Studios
2~4人用
プレイ時間:40分






最近気になっていたゲーム。atsさんに遊ばせていただきました。









IMG_7651
キャッチーなボードと、クールなカード達が目を惹きます。

テーマはシカゴ万博で、カードには実際のシカゴ万博での展示品が描かれているそう。

システム的には、エリアのマジョリティを狙いつつセットをコレクションする感じ。









IMG_7653

エリアマジョリティとセットコレクションがちゃんと連動してるのがいいですね。

プレイ感は全く異なるのですが、組み換え可能なヘクスタイルといい、エリアに1つずつ物を置いていく行動といい、『シュタウファー』を彷彿とさせる材料が多いです。










IMG_7656

短い体感時間に、ギュッと濃縮された悩ましさ。

本当にあっという間に終わるのに、ちゃんと脳みそを使った感じ。

ルールが簡単だし、ボドゲ初めたての人にも出しやすい。

なんというかこう、すごくちょうどいいゲームだと思います。持ってると活躍する場面が多そうです。

















◆グリード


2~6人用
プレイ時間:10~20分


IMG_7658
ダイスを6つ振って、出目で役を作ります。

こう書いちゃうと運ゲーっぽく聞こえてしまうかも知れませんが、実際に運が9割を占めるのでなんとも言えないところ。ザ・ダイスゲーム。

スタンス的には、『ペアーズ』みたいなパブゲームっぽい楽しみ方をするものだと思います。






IMG_7659
でも、意外と盛り上がるんだなこれが。


コロっと振って強い役ができたりすると、場が華やかにドッと湧きます。

攻めるか降りるかのチキンレース的な要素もあって、「まだいくっしょ!?」「まだいくよね!?」とダイスを振ってる人を煽るのも楽しいです。








IMG_7664

第2回戦では、ぬんの手から放たれしダイスより、なんと1.54%の確率でしか出ない役「$GREED」が!!

人生のピークっぽさを感じつつ大量得点に成功したものの、最後の最後であきぽよに50点差で負けました♨



ハリー・ポッターのクィディッチで言えば、スニッチを捕ったのに試合には負けた的なアレです。ちょっと違うか。

















◆キャッシュ&ガンズ



4~6人用
プレイ時間:30分

IMG_7661

銀行強盗に成功したマフィアの一家。

でも、一家の人数が多いと、せっかくの取り分が減っちまうぜ。



というわけで、銃を一家の他のマフィアに突き付けて、

「今回の取り分は諦めな。撃っちまうぞ」

「おいおいジョークだろ?撃てるもんなら打ってみろよ!」

でも実際に銃弾を撃てるのは8回中3発だけ
、みたいな感じです。










BlogPaint
世界観が世界観なので、とにかく茶番を打つのが楽しいです。


『ヴィティカルチャー』を遊ばせて欲しいとリクエストを受けている翠さんと、お互いに銃を突きつけ合いながら、


ぬん「『ヴィティカルチャー』はあの世で遊ぶんだな」

翠さん「じゃあぬんさんあの世でインストしてください」


とか言い合うのだ。楽しい。









IMG_7663
結果はトップに5,000ドル及ばず2位タイでした。

遊んでる光景("口径"とかけた高度なギャグ)がキャッチーなのもさることながら、1位走ってる人にはみんな銃を突きつけに行くので、1人が独走しちゃわないところが好きです。















◆イゾルデ



2~5人用
プレイ時間:30分

IMG_7666

閉会までの余った時間で、何やら豪華なメンバーで遊ばせてもらった『イゾルデ』。









IMG_7671

お手軽なドラフトゲーです。

1枚とって残りを回してのスタンダードなドラフトの後、作った5枚の手札から1枚ずつ順にプレイ。

4枚使ったら、残りの1枚は捨て札になります。

これを6ラウンド繰り返すだけ。







IMG_7669

カードを使うと何が起こるかと言えば、対応した分野で、自分の影響力が高まります。

ラウンド毎に点数計算をする分野もあれば、最終ラウンドのみ計算する分野、他の分野の自分の影響力を高める分野なんてものも。










IMG_7672
ドラフトゲーかくあるべき、みたいなドラフトゲー。余計な要素がないのにちゃんと悩ましいです。



自分はと言えば、最終ラウンドにのみ大きな得点が入る「ドラゴン討伐」分野に傾倒。

同じく「ドラゴン討伐」に燃えていたatsさんとお互いの体力を消耗しあう展開に。

しかも最終的に「ドラゴン討伐」トップはatsさんに掻っ攫われるという。ダメだこりゃ♨

















そんなこんなで20時に閉会。あっという間の9時間でござった。



北九州はお邪魔するたびに、タイトルも知らなかったキャッチーなゲームをteniさんが遊ばせてくださるので、毎回毎回楽しみです。

次回は記念すべき第100回目!遊びにいけるといいな!






 

IMG_7677
IMG_7676
BlogPaint

交流会後は、会場近くの『カフェ・ド・ブリック』へ14名で。

すごくオシャレな店でした~~雰囲気に中てられて、お酒を飲みだす面々。





れん君が「『キャッチーでいてください。』1周年を祝って、乾杯!!」って言ってくれて、みなさんが乾杯してくださったのが、恥ずかしくてヘラヘラしてたんですけど、めっっっっちゃくちゃうれしかったです。ありがとうございました。

なんかこう、ブログやってて本当によかったなあ。