みなさんキャッチーですか。ぬんです。





日付変わっちゃいましたが、昨日はみんな大好きボドゲラボ@サンレイクかすやに行ってきました!


遊ばせていただいたゲームについて、忘れないうちに走り書いておくよ!

近いうちに個別記事書こうね~~ 







◆ゆらゆらバランスゲーム 空飛ぶじゅうたん



2人~用


着いたらその辺の卓にポンと置いてありましたw

ちょっと前にTwitterで話題になったやつ。






IMG_9503

なんとじゅうたんが磁力魔法の力で宙に浮いています。

上に重り的ななにかをバランスとりつつ載せていって・・・







IMG_9504

じゅうたんが地面に着いちゃったら負け。

磁力魔法の力を微妙に調整して難易度が変えられるそうなのですが、その難易度調整がこのゲームで一番難しいとはヒロさんの談でした。













◆ぐらぐらバランスチェアー



IMG_9505

ぬん持ち込み。


ちょっと『空飛ぶじゅうたん』と近しいものを感じたので、隣に置いてみました。


 







IMG_9507
ルールは大体写真の通りです。

いすがめちゃくちゃ軽いから意外と難しい。













IMG_9508
このゲーム、多分うちにある中で最も安いゲーム。

というのも、実はこれ百均で買ったのですよ。税込108円。


ググってみると、フィギュア界隈の方々が、フィギュアを座らせて写真を撮るのに重宝されているとのことです。

ご入用の方はダ〇ソーへGO。



 







 





◆ババンク


IMG_9523

やっと普通にボードゲームをということで、teniさんにインストしていただき、くはらさん、ザンダルさん、アイスさん、ぽよ、さるえる君とババンクを遊びました。

カジノでお金を稼ぐゲーム。



チップを置く→カードを置く→コマを動かす

これを繰り返すだけのシンプルな構成ながら、ブラフのかけ合いと読み合いがアツいです。



これは個別記事書きますね。

 
追記(2016.11.29):
個別記事書きました。
罠かブラフか!どのテーブルで稼ぐかを考えるカジノゲーム・『Vabanque(ババンク)』の話。















◆ザ・プリンス



IMG_9540

teniさん、まるさん、ヒロさんという豪華なメンバーと共に『プリンス』。

これヤバかったです。今回ぶっちぎりで1番キャッチーでした。

 





IMG_9528
かなりガッツリな交渉ゲー。もう胃がキリキリしっぱなし。

交渉をここまでメインに据えたゲームってあまりしたことなかったのだけれど、大人の汚さが垣間見れるドロッドロの戦い。

でも全然ピリピリはしてなくて、もうずっと笑ってました。なにこれ。









BlogPaint
「2票はヒロさん」という文言とぬんの署名が書かれた、このメモ紙の正体は!?

ゲーム中に『キャッチーでいてください。』のスポンサーが決定!?

そして、2時間半に及ぶ名勝負の行方は!?



気になる詳細は個別記事にて!これは気合い入れて書きます!

追記(2016.12.9):
個別記事書きました。
ドロッドロの交渉で名家に地位と名誉を!『The Prince(ザ・プリンス)』の話。


 















◆大勝負(Hab & Gut)


IMG_9545

ぬん持ち込み。 
 

貿易するわよ~~!

基本的には商品を短期で安く買って高く売るゲームですが、将来への投資が最も少ないプレイヤーは最終得点計算に参加すらできないという素敵ルールが。


さらに、右隣のプレイヤーと1つ、左隣のプレイヤーと1つ、手札を共有します。

似たような発想と言えども、こいつは『Between Two Cities』程優しくないですぜ・・・



ちょうど紹介したいと思ってたので、これも個別記事で!
 
追記(2016.12.9):
個別記事書きました。
両隣のプレイヤーと手札を共有する投資ゲー『Hab & Gut(大勝負)』の話。
















◆サンファン


2~4人用
プレイ時間:45~60分

IMG_9557

『プエルトリコ』の由緒正しきカードゲーム化作品『サンファン』。

ここから、両者のファン作品である『レース・フォー・ザ・ギャラクシー』へ繋がっていくという系譜なんですね。



『プエルトリコ』感を残しつつ、『RftG』よりもシンプルな作りで遊びやすかったです。

好感度高いなあ。



これも個別記事!いくつ書くんだ個別記事!


追記(2016.12.03):
個別記事書きました。
あの『プエルトリコ』を後味爽快なカードゲームに!『サンファン』の話。
 

 














◆5本のキュウリ


2~6人用
プレイ時間:25分

IMG_9572

原題は『Fünf Gurken』。パッケージは緑色。そうだね、フリーゼだね。



スートも切り札もないシンプルなルールながら、

「場に出てるカードと同値か、より大きい数字を出さなければならない」

「出せない/出したくない場合は、最も小さい数字を出さなければならない」

「最後のトリックを取ったら負け」

これだけのことにこんなに苦しめられるとは!


これも短くなりそうだけど個別記事書きたいな。
 
追記(2016.12.06):
個別記事書きました。
きゅうりを食べないように頑張るカードゲーム・『5本のきゅうり』の話。















◆ウッドマン(Toc Toc Wood Man)



Toc Toc Woodman 2nd Edition Family Party Dexterity Game ゲーム [並行輸入品]
Divedice Game
2~7人用
プレイ時間:10分
IMG_9582

木です。











IMG_9581
これを斧で叩いて、木の皮だけを剥ぎます。

取れたら1個1点。ただし、落としちゃった切り株はマイナス5点です。















IMG_9592
斧で叩く力加減が本当に難しい!

めっちゃ慎重にトントンやってたのに、急に切り株3個落ちちゃったりとか。で、大爆笑。

子供と遊ぶと楽しそう。







 








というわけであっという間に19時半!お開きでした。


参加者数はなんと47名ですって!すごいすごい!

来月は参加できなさそうなのでさみしいです・・・




個別記事へのパスだらけでスカスカな更新になっちゃいましたが、とりあえず鮮度重視ということで! 

主催のヒロさん、同卓してくださったみなさん、ありがとうございました!