みなさんキャッチーですか。ぬんです。








 
みなさんはお酒どうですかお酒


私は、1人で晩酌はほとんどしないのですが、誰か付き合ってくれる人がいるときに、いっしょに飲むのが好きです。

ビール、焼酎、日本酒、ワイン、ハイボール、カクテル、あとウイスキーも薄めなら…って感じで割と何でも飲むんですけど、やっぱりビールが好きかなあ。キリン>サントリー>アサヒ。





そんな感じで楽しいお酒ですが、まあ飲み過ぎはよくないものでして。 

記憶飛ばしちゃうほど飲んじゃうのは、自分だけじゃなくて周りの迷惑になっちゃうので、避けたいものですな。


 



さて今日は、お酒を飲み過ぎて毎日のように記憶が飛んじゃう海賊たちの姿を描く、こんなゲームのご紹介です。
 









Santy Anno by Repos Production [並行輸入品]
Repos Production
3~8人用
プレイ時間:30分


『SANTY ANNO』
です。

















BlogPaint
テーブルという名の港に停泊したるは、8隻の海賊船団。


我々は海賊団の一員になって、パブで飲んだくれたあと自分の船に帰ろうとするのですが…なんと酔っぱらいすぎて自分の船がどれだか分かりません。

なんなら船長が誰なのか、自分が船長だったかどうかすら分かりません。あんまりだ。













IMG_1768
なので決まり事を作りました。

まずは適当に自分のスタート地点となる船を決める。

その後、提示されたルールに従って、船から船へとどんどん移動していき、最も早く正しい船にたどり着けた奴がキャプテンだ
、みたいな。










 





IMG_1758
というわけで、写真右側のタイルが私のスタート位置となる船。

よくよく観察してみると、船のデッキ見張り台はそれぞれ赤、青、黄で塗られていますね。

タイル下部のプレートは緑に塗られ、Sから始まる船名が書かれています。

その右上に、7番という数字がナンバリングされている、と。


 











IMG_1756
実は残り7隻の船のうち、デッキの色、帆の色、見張り台の色、プレートの色、船の名前の頭文字という各要素について、共通する船がもう1隻ずつあります。

例えば、7番の船は青い帆を持っていますが、もう1隻だけ8番の船も、青い帆を持っています。他の船は、赤かったり黄色かったり緑だったり。

7番の船の名前はSから始まりますが、もう1隻1番の船も、Sから始まるよと。


番号だけは、1~8までそれぞれ振られている感じだ。

 













IMG_1768
さて、じゃあ実際に何をするゲームなのか。

場に正方形の小さなカードが並べられます。

第1ラウンドでは5枚だけなのですが、ラウンド毎に1枚ずつ増えていき、最終5ラウンドでは9枚になるぞ。
 














BlogPaint
青いボードに近い方のカードから処理していきます。

Pという文字に斜線が引かれたこのカード。

これは、「船名の頭文字が今いる船と同じもう1隻の船に移動しなさい。ただし、頭文字がPの場合は動いてはいけません。」の意です。








 





BlogPaint
私のいた7番の船の頭文字はSですから、移動しなければなりません。

同じ頭文字Sを持つ、1番の船へGO。















BlogPaint
次にこれを処理。Rに斜線。

「船名の頭文字が今いる船と同じもう1隻の船に移動しなさい。ただし、頭文字がRの場合は動いてはいけません。」














 BlogPaint
移動した先の1番の船の頭文字はSですから、移動しましょう。

もう一度7番の船に帰ってくることになります。













BlogPaint
大体分かってきましたでしょうか。

黄色い帆に斜線。

これは、「帆が今いる船と同じ色のもう1隻の船に移動しなさい。ただし、帆が黄色の場合は動いてはいけません。」














BlogPaint
帆が同じく青の8番の船へ。















IMG_1768
さっきから移動移動と言ってますけど、じゃあ実際に自分の駒を動かしたりするのかと言えばそうではなくて。

このカード5枚分移動した結果、最終的に自分がどこにいるのかを、頭の中で計算します。









IMG_1764
「ここだ!」と脳みそが行きついたら、その船の前へとダッシュで移動し、ドンと座って、
















BlogPaint
重ねられたコインの一番上の1枚を取ります。

早い者勝ちで、上から5金、4金、3金、2金、1金かな。
















IMG_1765
そして答え合わせ。

全員が正しく動けているかどうかを判断します。間違っていたらもちろんコインは没収。
















BlogPaint
間違っているプレイヤーがいる、ということは、同じ船の前に2人以上が座る場合がある、ということになるのですが…

その際は、既にいるプレイヤーの上に座ってください。なんやこれ。
















IMG_1774
これを全5ラウンドやるわけですが…

第4ラウンドと第5ラウンドは、テーブルの周りを1周してから、行くべき船の前に座ってください♨

もうぐちゃぐちゃよ。















IMG_1775
5ラウンドで獲得したコインの金額を合計。最も多いプレイヤーがキャプテンです。


















BlogPaint
こんなのもう楽しくないわけがないじゃないですか。

じっと盤面を眺めてたかと思ったら、急にテーブルの周りを走り出す大人たち。

最高です。アクションゲーム好きはマストプレイだこれ。
















IMG_1773
第4ラウンドと第5ラウンドの、テーブルの周りを1周しなきゃいけないルールもめちゃくちゃいいですね。

1周走ってる間に、どの船に行けばいいのか忘れるんですよ。


まったくもう酔っ払いじゃないんだから(酔っ払いです)



















IMG_1777
というわけで『SANTY ANNO』のご紹介でした!


こういうゲームばっかりやる会
やりたいよね。私は『ドクターパニック』『キャプテンソナー』『あーぎ!てくと』『ダンシングエッグ』持って参加します♨