みなさんキャッチーですか。ぬんです。

















昨日は月に一度のお楽しみ、福岡ボードゲーム交流会 ボドゲラボに行ってきたぞ!主催はヒロさん。 





いつもの会場(サンレイクかすや)が確保できなかったとのことで、今回は宇美町立中央公民館での開催。遠いわ!

でもバスで行けば、移動時間自体は粕屋に行く時とそこまで変わんないかも。本数少ないから時間には気を遣うけれども。



宇美駅から会場までの道がね~~なんかすごく夏っぽくてよかったよ。写真の1枚でも撮ればよかったかな。









ちょっとした小旅行気分を味わいながら、会場に着いたのが午前11時過ぎ!

今回もまったり遊ばせていただいたので、感想書いていくぞ~~












◆HAPPY SALMON



lVsR694Z

まずはぬん持ち込みの『HAPPY SALMON』からスタート。


先に言っとくね。この見た目はズルだわ。

サーモンポーチに入ったゲームとかもう絶対買っちゃうじゃん。こんなのキャッチーさの押し売りよ。










IMG_6875
で、中身もキャッチーときたもんだからさらに厄介だ。

各自12枚のカードを山にして持ち、よーいスタート!で一番上のカード名を連呼します。

同じカード名を連呼しているプレイヤーを見つけたら、その相手とそのカードに描かれているアクションをやるよ。








IMG_6935
アクションは、

・ハイタッチをする『HIGH 5』
・グータッチをする『POUND IT!』
・場所を入れ替わる『SWITCHEROO』
・お互いの前腕を手のひらでペチペチし合ってヒレ感を出す『HAPPY SALMON』


の全4種類!



2人でアクションを実行したら、両者ともそのカードを捨てることができるぞ。

最も早く自分の12枚のカードを捨てたプレイヤーの勝利です。









IMG_6877
これはまた最高の合コンゲームパーティゲームを見つけてしまったかもしれない。

こういう、本人たちは一生懸命なんだけど、傍から見たら超マヌケ。でもなんか楽しそうみたいなゲーム大好きすぎる。



発声禁止で、ジェスチャーのみで遊ぶヴァリエントルールもキャッチー!
















◆テレストレーション



IMG_6881
初めて会った人ととりあえず『テレストレーション』をしたがるヒロさん可愛い。

絵→文字→絵→文字→…の定番鉄板伝言ゲームです。過去記事この辺








今回はなんていうか、絵が、こう…致命的な人がいなくて、割と平和なアレでした。




IMG_6882
お題は自衛隊。




IMG_6883
かわいい。




IMG_6884
以心伝心。




IMG_6885
これも上手いなー戦車上手。




IMG_6886
日本に軍隊はないぞ!
で、この状態で私に回ってきちゃったもんだから…




IMG_6887
国変わっちゃったよね♨




IMG_6888
楽しそうかよ。





日本は今日も平和です。
















◆ジャングルスピード+拡張カード入り



IMG_6889
軽いゲームが続くぞージャングルスピード!


自分の山やらカードを出していって、条件を満たしたらトーテムポールを早取り。

出遅れた人が場のカードを受け取ります。

で、自分の山を最初に減らした人の勝ち…的なアレだ。



7月のボドゲラボレポでもうちょっと詳しく書いてます。

ってリンク貼ってから読み返してみたら、そんなに詳しく書いてもないですね(適当)









IMG_6892
拡張カード入りってことで、模様や特殊カードが増えていたのですが、ちょっとテンポ落ちちゃう感じがするかなー。本家のみの方が好みです。

山全部置ききって「これは勝ったのでは???」とか調子に乗ってたら、掴み負けて山戻ってきちゃいました♨
















◆ハリガリ



IMG_6894
『ジャングルスピード』が終わった後は、"山札からカードをめくっていって、条件が満たされたら早いもん勝ちでなんかする"繋がりで『ハリガリ』。どんな繋がりだ。


同じ果物が5個ピッタリになったらベルをチーン。


『ジャングルスピード』のおかげか手が完全に温まってて、するっと1位とれました。うれしい。
















◆Raiders of the North Sea



IMG_6936
そろそろ重ための触りたいねってことで、ドイツ年間エキスパートゲーム大賞2017ノミネート作・『Raiders of the North Sea』に挑戦だ。

ちよさん、ふさちゃん、くろださんと4人。









IMG_6898
自分のターンにやることは、

ワーカーをボードに置いてアクション!

ボードの別の場所からワーカーを取り除いてアクション!

とシンプル。ターン開始時にも、ターン終了時にも、絶対ワーカーを1個持ってる感じになります。









IMG_6905
ヴァイキングがテーマということで、集落を襲撃してみたり、貢物をして酋長に気に入られてみたり、船員をヴァルハラ送りにして栄光感を演出してみたり…辺りが勝利点の稼ぎどころ。









IMG_6903
何をするにも何かしらの資源が常にカッツカツ。

さらにワーカーの色や配置、そして過度とは言わないけれど、決して無視できないレベルのインタラクションに踊らされます。



でもねーなんでだろう。尖った感じがしない。楽しい。

「キツくて楽しい」じゃなくて、「キツさよりも楽しさが勝る」って感じで、楽しい。


爆発的な楽しさポイントはないんだけど、なんか漠然とずっと自由で、漠然とずっと楽しい、みたいな。



すごいですねビックリするぐらいふんわりしたことしか言ってないです。

まあビシッと3文字で言うと「超好き」なのよ。エキスパート大賞これがよかったな。




そのうち個別記事書きます。

追記(2017.08.27):
個別記事書きました。
召されて楽しいバイキング人生!『Raiders of the North Sea』の話。















◆HAPPY SALMON(2回目)



IMG_6911
プレイ中の写真が撮れない(深刻な悩み)




















◆オオカミと七匹の子ヤギ



IMG_6913
ぬん持ち込み。

7月の北九州ボードゲーム交流会で遊ばせていただいて、気に入って買っちゃいました。

子ヤギが7つの家具に隠れて、オオカミが「ここかなー???」「それともここかなー???」とかやるゲームです。









IMG_6919
こんなのさ~もうどう転んでも絶対面白いよね。

ケラケラ笑いながら遊んでました。




子ヤギ側で初めて生還できたぞ~~

ヒロさんオオカミがポンコツで可愛かったです♨
















◆テレストレーション(2回目)



IMG_6924
ムーミン















◆アムステルダムの商人



IMG_6928

最後は持ち込んだ『アムステルダムの商人』

ワールドワイドな商人になって、商品や屋敷や商館をアレしつつ、お金をいっぱい稼ぎましょうみたいなゲームです。










IMG_6927
自分のターンには、カードを3枚引くのですが…

1枚引くたびに、そのカードを①自分で使うか、②競りにかけるか、③捨て札にするか、を決めなければなりません。

①②③に1枚ずつ割り振ったら、②のカードの競りのスタート。








BlogPaint
キャッチーなのが競りのシステム。


この大がかりな装置、実はぜんまい駆動になってて、真ん中のスイッチをポンと押すと、200→190→180→…って感じで、針の指す数字がどんどん下がっていくんですね。

で、真ん中のスイッチをもう一度押すと、ピタッと針が止まります。




…もうお分かりですね?

針の指す数字が下がっていく。

で、真ん中のスイッチを最も早く押した人が、その時に針の指している金額で、競りにかけられたカードを落札します。


いわゆるダッチオークションを、装置を使ってやっちゃおうと言う意欲作なのだ。

そして作者はまさかのくにちー。










IMG_6931
とにかく装置が最高にキャッチーなのですが、誰が早く押したかがはっきり分かり辛かったり、公平性を保つのが難しかったり…といった、装置ならではの問題っていうのは間違いなくあるわね。

でも、「そんなことがなんだって言うのよ。私キャッチーよ?」と言わんばかりに、ツンとお高くとまってるこの装置が、私はたまらなく大好きです。






あと、装置のもたらすもう一つのマジックだと思うんですけど、やっぱり皆スイッチ押したくなっちゃうのよね。

で、冷静に計算すれば割に合わない金額で落札しちゃったり。

めちゃくちゃ落札していたプレイヤーが、ふたを開けてみれば最下位だったり。



キャッチーさを振りかざし、プレイヤーを魅了して止まないこの装置が、私はたまらなく大好きです。
















IMG_6932
軽いゲームならまだ回せそうな時間でしたが、バスがちょうどよくあったので、早めにお暇しました。

持ち込んだゲームしっかり遊べて満足よ!





ボドゲラボ、今月もキャッチーでした!

主催のヒロさん、同卓してくださった皆さん、ありがとうございました~~